お知らせ

お知らせ

【整形外科よりお知らせ】新しい治療を開始しました。

デュピイトラン拘縮の注射治療

 

デュピイトラン拘縮は特別の原因がないのに手の指が徐々に曲がってのばせなくなる病気です。中年以降の男性に多く、小指や薬指に多く発生します。曲がり方がひどくなると、顔を洗ったりするのも不自由になります。 指の変形がある程度以上になった場合は、治療が必要になります。


デュピイトラン拘縮の指

 

切らずに治す注射療法

 

デュピイトラン拘縮に対する注射療法が保険診療として認可されました。手術で病的腱膜を切除する代わりに、コラゲナーゼという薬を注射することにより病的組織を溶かして治療する方法です。この治療法は、認定を受けた手の専門医だけが行うことができ、当院で治療を受けることが可能です。詳しくは、当院の手外科専門外来を受診してご相談ください。

                 

TOPに戻る