済生会 神奈川県病院

【済生会神奈川県病院を知る】私たちが地域にできることってなんだろう?〜「本当に地域のことを考える」当院の活動〜

この地域の医療の課題とは?

人口の高齢化に伴い、患者さんの数が増えることで様々な医療課題がここ神奈川区にも生まれています。
こうした状況が続く中、適切な人に適切な医療が提供できなくなっているこの現状を、
私たちは非常に大きな危機意識を持ってとらえています。

  • 病院のベッドが足りない病院のベッドが
    足りない
  • 退院先の施設がない退院先の
    施設がない
  • 長期入院ができない長期入院が
    できない

sわたしたちに何ができるんだろう?何をすべきだろう?

地域医療の課題を解決するための私たちの考え方

地域に出ていく。自ら変化させる。

【地域と対話する】

地域の医療課題に対しては、地域の中へ積極的に入っていき、患者さんの生の声やニーズに耳を傾けなければいけません。
これまでの病院は受け身だとしたら、今後はより積極的に地域と対話することが大切です。その上で自らを変化させ続けること。地域のために私たちが選んだ選択です。

【地域との相互理解】

地域にある医療資源は無限ではありません。その資源を有効に活用するために、医療機関の役割をしっかり分け、患者さんにもそれをしっかりと伝えることがとても重要で、その相互理解こそが、やがては患者さん一人ひとりに最適な医療を提供する上ではとても重要になると考えています。

院長院長 長島 敦

地域のためのとりくみ

とりくみ その1

病院同士の連携

患者さんのニーズに合った良質な医療を切れ目なく提供するには
まずは、地域の病院が得意分野に応じて役割(機能)を分担し、連携をとることが大切です。
神奈川県病院は同じ済生会グループである横浜市東部病院(鶴見区)、
東神奈川リハビリテーション病院と密な連携を図り、横浜市東部地域の医療を支えていきます。

済生会グループの連携

とりくみ その2

患者さんの意識改革

患者さんが最適な医療を受けることができ、
通院や病院での待ち時間の負担が少なくなる

  • ■それぞれの医療機関の役割を理解する
  • ■自分の病状に適した医療機関を選ぶ
  • ■かかりつけ医を持つ

とりくみ その3

医療と介護・福祉の連携

それぞれの患者さんに適した場所へ
帰ることができる

  • ■在宅療養を支える介護・福祉を整備する
  • ■医療関係者と介護・福祉関係者が連携する
  •  

わたしたちの地域へ向けた活動

〜 地域への情報発信 〜

sec04_box01_img

市民公開講座

住民の皆様に病気や医療について理解を深めていただけるように、市民公開講座を開催しています。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など当院のスタッフが、病気の基礎知識から最新の医療情報まで分かりやすくお話いたします。

〜 地域との交流 〜

sec04_box02_img

青空サロン

地域ケアプラザで開催の青空サロンに当院の医師が参加し、くつろいだ雰囲気の中で医療や健康についてのお話をさせていただきます。このほかにも地域のイベントへの参加、出張健康講座などで住民の皆様と交流を図っています。

〜 地域の医師との連携 〜

sec04_box03_img

登録医制度

地域の診療所の先生方に当院の登録医となっていただき、緊密かつ迅速・円滑な医療連携体制づくりのためにご協力いただいております。先生方と当院の医師は診療や勉強会を通じて意見交換を行い、強い信頼関係を築いていきます。

〜 地域スタッフとの連携 〜

sec04_box04_img

ケアマネの会

在宅医療と病院をつなぐキーパーソンであるケアマネージャーさんや訪問看護師さんと当院のスタッフが定期的に会議を行っています。地域のニーズや問題点を共有することで、患者さんのよりスムーズな退院を実現します。

地域の声

神奈川県病院に期待することは?

神奈川区医師会 医師会長
藤江医院 藤江 武昭
神奈川区医師会 医師会長  藤江医院  藤江武昭

神奈川区民の安心と安全のために貢献することが、神奈川区医師会の責務だと考えています。これは神奈川区内に位置する県病院も同様です。県病院は長島先生が院長に就任され、確実に良い方向に進んでいますが、まだその機能は十分とは言えません。県病院が神奈川区の医療の中心的役割を担っていただくことは、神奈川区医師会のみならず、神奈川区民の願いです。

横浜市菅田地域ケアプラザ
所長 松野 勝民
横浜市菅田地域ケアプラザ 所長  松野 勝民

患者さんは、病院にいる時は「患者」かもしれません。しかし、患者以前に地域の「生活者」であることを意識することが大切ではないかと私たちは考えています。県病院には、それぞれの地域状況の把握や関係機関との連携をよりいっそう深めて頂きこの地域の医療を牽引して頂きたいと思います。そして、この地域がよりよくなる様に一緒に切磋琢磨していきたいと思います。

わたしたちのこれから

医療連携・広報室長 杉山
県病院はやっていく!

病気で困っている人を一人でも多く救う事――それが当院スタッフ皆の願いです。
そのためには積極的に地域に出て多くの人々に出会い、この地域に求められている医療は何かを考えていくことが必要だと思っています。今後はそういった活動をスタッフ一丸となってやっていくつもりですし、もっと信頼される病院づくりが今始まっていると実感しているんです。

sec04_future_thumb