病院概要

患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務

私たちは、インフォームド・コンセント(理解するまで十分に説明され、納得した上での同意)を基本姿勢として、患者さんと信頼関係で結ばれた医療を行うことをめざしています。そこで、ここに「患者さんの権利と責務」について明記し、その実現にむけて、みなさまと共に進んで行きたいと思っています。

患者さんの権利

【医療を受ける権利】

宗教、国籍、性別、年齢、病気の性質、社会的地位などにかかわらず、どなたでも平等に医療を受けることができます。ただし、病院の機能・専門性により十分に責任が持てないような状況が生ずることが予想される場合には、ご相談の上、適切に対応します。

【知る権利】

患者さんは、病名、病状、治療内容及びその危険性、回復の可能性、検査内容及びその危険性、薬の効能及び副作用などに関して理解できるまで説明を受けることができます。研究の途上にある治療をおすすめする場合には、治療の内容や従来の治療方法との違いなどについて、事前に十分な説明をします。また、医療従事者の研究及び教育の目的を含んだ医療行為がなされる時にも、事前に説明をします。さらに、医療に要する費用及びその明細について、説明を受けることができます。

【自己決定の権利】

患者さんは、十分な説明と助言・協力を得た上で、自分の意思により、検査、治療、その他の医療行為に同意したり、選択したり、拒否したりすることができます。また、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

【プライバシーが保護される権利】

患者さんには、医療上の個人情報を直接医療に関与する医療従事者以外の人に開示されない権利があります。

患者さんの責務

  1. 自分自身の健康に関する情報はできる限り正確にお伝えください。
    様々な場面でお名前と生年月日を名乗っていただきます。繰り返しになりますがご協力ください。
    ご自身の病状や経過に関すること、そしてアレルギー歴や現在内服中の薬・サプリメントなどの情報をできるだけ詳しく教えてください。また、宗教的信条、臓器提供意思表示カード(ドナーカード)、尊厳死の宣言(リビングウィル)、救命医療、人工呼吸器の使用の諾否、輸血に関する希望など、事前に意思表示がある場合は明確にお示し下さい。

  2. 医療スタッフの説明が良く理解できない場合は納得できるまでお尋ね下さい。
    病状や治療方針などの説明を受ける場合は、間違えや誤解を防ぐため、できればご家族と一緒にお聞きください。また解らないことがあれば、納得するまでご質問ください。どうしても納得できない場合は他の病院・他の医師に意見を求めることも可能ですので患者相談窓口にご相談下さい。

  3. 医療の安全性を保ち、他の患者さんの安静を損なわないように定められた規則をお守りください。
    医療安全対策や院内感染対策等の病院内の規則をお守りください。すべての患者さんが快適な環境で医療を受けられるようにご協力をお願いします。また、以下のような犯罪行為、迷惑行為、その他これらに準じる行為を禁止いたします。これらの行為により、当院との信頼関係が破たんした場合は、当院での診療を原則としてお断りいたします。

    • 暴言・暴力行為・脅迫・窃盗
    • 危険物の持ち込み・飲酒
    • 入院中における無断外出・外泊
    • 他の患者もしくは医療従事者への迷惑行為
    • セクシャル・ハラスメント
    • 敷地内喫煙
    • 適切な医療を維持していくために、受けた医療等に関する医療費は速やかにお支払ください。
      医療費の支払いについて心配のある方は患者相談窓口にご相談下さい。
    • 医師・看護師・医療技術者・事務などの医療スタッフの研修教育を行っています。ご理解とご協力をお願いします。
    • その他
      皆様方のお気づきの点・ご意見を医療サービスの向上に活かしていきます。病棟や外来にご意見箱を設置しておりますのでご協力をお願いします。上記に記載されていない事項でも、診療を行うにあたり重要と判断される事項については、その都度病院で審議したうえでご対応させていただきます。ご理解とご協力をお願いします。

 

宗教上の理由等による輸血拒否に対する当院の対応について

当院では、宗教上の理由による輸血拒否に対し、「相対的無輸血(※1)」の方針に基づき対応いたします。ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

 1. 無輸血治療のために最善を尽くしますが、すべての手術や出血する可能性のある検査及び治療では輸血を行う可能性があります。

  当院では輸血をしなければ生命の維持が困難な場合は輸血を行います。

  救命目的でただちに輸血が必要な場合、輸血同意書が得られない場合でも輸血を実施いたします。

2.「絶対的無輸血(※2)」を誓約する免責証明書等に署名はいたしません。

 ・ 以上の当院の方針は、患者さんの意識の有無や成人・未成年の別にかかわらず適用します。

 ・「相対的無輸血」の方針に同意が得られず「絶対的無輸血」での治療を希望される場合は、他院での治療をお勧めしますのでお申し出ください。

病院長

 

◆輸血とは輸血用血液製剤である「赤血球製剤」「血漿製剤」「血小板製剤」などと、特定生物由来製剤である「アルブミン製剤 」「免疫グロブリン製剤」「各種血液凝固因子製剤」などを示します。

※1【相対的無輸血】患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。

※2【絶対的無輸血】患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。