放射線診断科

当科について

当科は、他診療科からの依頼により、CT、MRI等の画像診断を行っています。
専門医は画像診断が中心のため、直接患者さんを診療する機会はあまりありませんが、迅速で正確な診断を依頼科、そして患者さんへ提供できるよう心がけています。

当科で診る病気

各種画像検査は病変を探す目的のスクリーニングや病変の治療方針を決めるための精密検査、治療後の経過を確認する為に行っており、画像診断が有効な疾患はすべて対象になります。

診療内容と特色

MRI・64列CT診断装置を備え、あらゆる疾患の診断に対応しています。

〇MRI装置(1.5テスラ)
MRI装置は脳の病変や梗塞、腹部の腫瘍などから脊髄・椎間板や膝の半月板などの軟骨・筋肉・腱などあらゆる角度の断面が撮影できます。

〇CT装置(64列)
当院は64列マルチスライスCT装置が導入されており、体軸方向に配列された多数の検出器を利用して、薄いスライス厚の連続横断像を短時間で広範囲の断層画像データを撮影しています。また造影剤を投与し撮影すると血管や病気の質的診断に威力を発揮します。

・地域の医療機関の先生方から、地域連携共同利用検査としてCT・MRIを承っております。
ご依頼は当院患者サポートセンター医療連携・広報室へご連絡ください。

スタッフ紹介

医師名 専門としている領域 学会専門医・認定医
山根 隆部長 放射線診断一般、網膜細胞腫に対する動注療法 日本医学放射線学会 放射線診断専門医
非常勤医師(3名)