専門・認定看護師の紹介

ここでは当院の専門・認定看護師を
ご紹介をいたします。

診療看護師(NP)
診療看護師(NP) クリティカルケア認定看護師 金井 誠

 診療看護師(Nurse Practitioner:NP)は、日本NP教育大学院協議会のNP資格認定をもつ、これまでの看護の基盤と医学的知見を持ち合わせた看護師です。手順書と言われる一定制限の中ではありますが医療的な介入が可能となり、適時適切な医療がより一層タイムリーに提供できるようになりました。
 医師とのタスク・シフト/シャアや今後さらに看護師が自律し専門性を発揮する上で重要な役割を担っています。

感染管理認定看護師
感染管理認定看護師大和田 理恵

 私の役割は、患者さん、来訪者そして医療従事者を感染から守ることです。病院内にいる全ての方が対象なので、院内には実働部隊の感染対策チーム(ICT)がおり、メンバーは医師、薬剤師、臨床検査師、看護師、事務員で構成されて組織横断的に活動しています。
 自分の職種は看護師ですが、患者さんをはじめ来訪者、様々な職種の職員の方と接するので、毎日いろいろな発見があり、とてもやりがいがあります。これからも、感染拡大することなく安全な医療環境が提供できるように尽力していきたいです。

がん性疼痛看護認定看護師
がん性疼痛看護認定看護師矢澤 美子

いたみを和らげその人らしく過ごせるように  がんの痛みは、がんと診断された時点で生じていることもあり、多くの患者さんが体験します。痛みは日常生活に多くの影響を及ぼし、気持ちのつらさも引き起こすことがあります。さらに痛みは体験するその人にしか分からない事であるため、その方のこれまでの生活や体験、取り巻く環境、精神面など影響する様々な要因を考えながら、体験する痛みに応じて、適切な治療・ケアが行われるようお手伝いします。
 痛みが和らげられ、笑顔で穏やかに過ごす時間が増えたり、仕事や家事、趣味が継続できたりと、その人らしく過ごせたとき、とても嬉しく思います。一人でも多くの患者さんご家族と喜びを共有していけたらと思います。

がん化学療法看護認定看護師
がん化学療法看護認定看護師栗原 香織

 がん化学療法は、新薬が次々と出てきて、副作用も個人差があり多岐にわたります。治療を受ける患者さんは、いつも不安や恐怖を抱え、日々を過ごしています。
 がん治療をしていても、今まで通り、その人らしく”を目標に、患者さん本人やご家族と色々なことを一緒に考えていくことを大切にしています。
 社会情勢から独居の方も多く、病院スタッフとのコミュニケーションが大切となることも最近は増えてきています。患者さんの生活が、できる限り「がんに罹患する前と変わらない生活が送れるように」支援をしていくことが、私達がん化学療法看護認定看護師の活動と考えて日々の活動をしています。

緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師石戸谷 美保

 老い、病み、死を迎えることは、生命の必然です。緩和ケアと安楽死との決定的な違いは、意図的に死を早める事ではなく一人の人間として ‶その人〟の苦しみに同苦するということです。
 薬では取りきれない身体の辛さ 生きる意味を見出せない心の辛さ‶その人〟と‶その人を支える人々〟に寄り添い、如何なる境遇にあっても希望と喜びを感じられるように最期の一息迄生き抜くことができるように支えることです。
 一人の人間対人間という信頼関係の中においてのみ真のケアが生れると信じています。
 そして、新たな‶生〟に向う旅立ちである‶死〟を人生の最終章として荘厳することが大切な役割であると思います。

緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師上野 三恵

 医療の進歩とともに、「緩和ケアは最期のケア」という考えから、「がんと診断されたときから行うべきケア」と緩和ケアの概念も大きく変化しています。
 緩和ケア認定看護師はそういった「緩和ケア」を必要とする患者様とそのご家族に対して、身体的(痛みや息苦しさなど)・精神的(不安、気持ちの落ち込み)・社会的(仕事のこと、役割の変化など)、スピリチュア的(家族や友人などに迷惑をかけて申し訳ないなど)苦痛を少しでも緩和し、より良い日常生活を過ごせるように援助することが役割です。
 私は現在、がんに対して積極的な治療が困難となった時「最期まで、その人らしく生きる」ための緩和ケア病棟に勤務しています。
 緩和ケア病棟は「死に逝く場所」ではありません。「自分らしく生き、人生を全うするための場所」です。
 一人一人の患者様とそのご家族との出会いを大切に、つらい症状を和らげながら、1日1日、笑顔で過ごせるようにお手伝いさせていただきたいと思っています。
 そしてその看護に携わるスタッフのケアの相談相手となれる存在でありたいと考えて実践に取り組んでいます。

緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師若狹 絢子

 緩和ケアは、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛を和らげるためのケアです。
 心身の辛さを抱えている患者さんとご家族が、今よりも穏やかに過ごせるよう、多職種と協働しサポートさせていただきます。
 人それぞれ価値観やライフスタイルは個別的であり多様です。最期まで「その人らしく」過ごせるよう、患者さん・ご家族の意思や希望に耳を傾け、寄り添いながら支援していきます。

クリティカルケア認定看護師
クリティカルケア認定看護師大田 真弥

 クリティカルケア認定看護師の役割は、急性かつ重症な患者様とそのご家族に対して、質の高い看護を提供するという役割を担っています。 急性期看護のOUTCOMEである「その人やその人の家族に未来を拓くこと」を念頭に、日々患者さんに向き合っています。
 また、スタッフが自信をもって看護ケアが行え、働く意欲がもてる病棟作りが出来るよう指導と実践に努めています。

慢性心不全看護認定看護師
慢性心不全看護認定看護師福田 恵

あなたの心臓は泣いていませんか?  心不全は心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり生命を縮める病気です。一旦発症すると「治る」ことはなく増悪と寛解を繰り返します。
 心不全の再増悪予防は「生活管理」と「早期受診」が重要です。病棟でも疾病管理・生活管理等の指導を行い退院後も再増悪予防・重症化予防ができるように介入しています。
 しかし、慢性心不全患者さんやその御家族は、普段の生活をしながら新たに指導された管理を実践かつ継続していかなければなりません。患者・家族と「これならできる」を一緒に考え、生活習慣を変えることの大変さやそれを長期に渡り継続することの困難さに共感を示すこと、心疾患を抱えながら過ごすことへの不安に寄り添いながら実践しています。
 更に、住み慣れた地域で生活を続けられるようMSWや地域スタッフとの連携も重要であり、また、心不全看護外来でも当院を退院した患者さんを中心にフォローアップに取り組んでいます。

乳がん看護認定看護師
乳がん看護認定看護師外﨑 真理

~治療しながらも、そのひとらしさを~  女性が罹患するがんの中で一番多いのが、「乳がん」です。30代から多くなり、40歳~50歳で罹患率ピークになっています。
 乳がんの治療は、手術・化学療法・内分泌療法・放射線療法などの治療が行われます。治療期間や経過観察期間も長期間になっています。その期間をその人らしく過ごせるように、少しでも副作用や症状を軽減したり、不安や疑問をいつでも話せたりできる看護師でいたいと思っています。
 がん相談窓口も開設しています。乳がん以外のがん治療中、通院中の不安や相談もお伺いさせて頂いています。ぜひご利用ください。

認知症看護認定看護師
認知症看護認定看護師

 認知症ケアチームとリエゾンチームに所属し、横断的な活動をしています。入院中の認知症の方の意思表出を助け、残存機能ができるだけ低下しないよう、また安心して治療を受け、早期に元居た場所へ退院できるようチームメンバー(神経内科医・精神科医・ケースワーカー・公認心理士)や病棟看護師らと共に支援しています。
 認知症になってもその人らしいQOLが維持できるように取り組んでいます。

在宅ケア認定看護師 在宅ケア認定看護師
在宅ケア認定看護師稲田 恵子・板寺 優子
(訪問看護所属)

「住み慣れた地域や家で暮らしたい療養者の思いに寄り添い、健康ニーズに応える地域のケア体制づくりを応援します」  地域や家庭で看護を必要とする全ての方に、水準の高いケアの提供と地域ケアの体制づくりが役割です。生活や生命の質の維持・向上とセルフケア能力を高める支援、介護者を取り巻く課題への解決策を提案します。当事者の意思決定支援と最期まで自分らしく生きることを尊重します。療養環境に配慮した安全な医療行為や看護技術と知識の提供を在宅チームと協働できる人材育成も担います。当院が地域ケアの要望の受け皿やネットワークの拠点として貢献できる取り組みを目指します。
 お気軽に患者サポートセンター 入退院支援室にお声かけ、お知恵をください。

(訪問看護)
 住み慣れたご自宅で生活していく中で、お身体のことでお困りのことや、分からないことがございましたら、訪問看護ステーションまでお声掛けください。訪問看護師、理学療法士、作業療法士、ケアマネージャーがチーム一丸となって在宅生活のお手伝いをさせていただきます。

皮膚・排泄ケア認定看護師
皮膚・排泄ケア認定看護師袴田 智美

 皮膚・排泄ケア認定看護師は、褥瘡などの創傷やスキントラブルのある方へのケア、人工肛門(ストーマ)を造設した方のストーマケア、失禁などの排泄ケアへの援助を行っています。様々な原因で発生するトラブルに対して、予防や治癒を促すケアを実践、指導しています。
 また、褥瘡回診やフットケア回診などチーム活動に参加し多職種で連携しながら、対象となる方々が抱えている問題に対してサポートしていきます。
患者さんやご家族の思いを大切にしながらその人らしい生活ができるように、個々に合わせたスキンケアや排泄ケアの援助を行っていきたいと思います。

認定看護管理者
認定看護管理者水野 伊津子

 患者さんとご家族、地域住民の方々に対して質の高いサービスを提供できるように組織を改革し、 発展させることが認定看護管理者の役割です。
 日々の看護ケアが患者さんやご家族のニーズを充たし、看護職員一人ひとりが看護のやりがいを実感できるように、多職種と連携・協働を推進し、看護サービス提供体制の向上に取り組みます。
 また、地域の組織間の連携を図るなど、地域全体の保健・医療・看護の質の向上もめざして活動していきます。

認定看護管理者
認定看護管理者有山 ちあき

 病院の理念でもある、『医療を通じて地域の皆様の幸福に貢献します』を実践するため、社会情勢や地域住民の困りごとにアンテナを張り、組織のチームワークを大切にしながら病院としてできることを考え実行します。そして、患者さんや家族が「ここで良かった」と安心し、満足して頂けるような医療・看護の提供をめざし、スタッフ教育やシステムの構築、多職種との調整などを行います。また患者さんのご意見や要望から課題を明確にし、対策と改善計画を立案し実行していくことで、更なる満足度の向上が図れるよう活動をしています。